ル・マン24時間耐久レース2007 ビエイラ/ピッロ/ヴェルナーが総合優勝!

ル・マン24時間耐久レース2007(Le Mans 24-hour race 2007)決勝が
今年も行われました。

レースは、アウディ・スポーツ・ノース・アメリカ(Audi Sport North America)のフランク・ビエイラ(Frank Biela、ドイツ)、エマニュエル・ピッロ(Emanuele Pirro、イタリア)、マルコ・ヴェルナー(Marco Werner、ドイツ)の操る
アウディR10(Audi R10)が、2位に10周差の369周を走行し、
ビエイラとピッロにとって通算5度目、ヴェルナーにとっては、
3年連続となる総合優勝で、2連覇を達成しました。

終盤では、豪雨に見舞われ、上位陣の相次ぐリタイアなどで危険と判断、
セーフティカーがコースインしました。
そして、最後の約50分は、セーフティカー先導によるパレードラップとなり、
ペースカーがいなくなり、そのままチェッカーフラッグを迎えたようです。


また、予選中、ブレーキトラブルによるアクシデントで
大クラッシュしてしまった、日本のスーパーGTにも参戦している、
JLOCのNo.53ランボルギーニ・ムルシエラゴ(余郷敦選手・山西康司選手ら)のピットは、シャッターが下ろされていましたが、
決勝への出走を目指していました。


「予選のアクシデントの後も、リタイヤ届けを出さず、メンテナンスを担当するダムスの工場に車を戻し、他のシャシーを準備しました。
出走は無理でもピットウォークでお披露目できればと思って・・」
ル・マンでは、スペアカーの使用が認められていません)


しかし、それを聞いたル・マン24時間耐久レースを主催する
ACO(Automobile Club de L’Ouest=フランス西部自動車クラブ)が、

『あなた達のル・マンに対する情熱に感銘を受けたので出走を認めます。』

と発表。


そして、ガレージでの徹夜作業をやり遂げたのが、土曜の朝7時。
8時には車検を受け、9時からのフリー走行で再び
ランボルギーニ・ムルシエラゴの重低音がサーキットに響きました。


しかし・・

No.53ランボルギーニ・ムルシエラゴにトラブル発生。
山西選手がドライブするマシンは、ユノディエールの
第2シケインでまさかのストップ。

原因は、ドライブシャフトの破損。
苦難を乗り越えた末に迎えた戦いの第2章は、
あまりにも短く呆気ないものでした・・。


ちなみに、『プジョー908 HDi FAP』と、『アウディR10 TDI』は、
いずれも、ディーゼルエンジンを搭載したマシン。

最近では、ディーゼルエンジンが見直され、レースでも活躍してますね。
ボッシュ・ディーゼル


◇トラックバック

What's New

⇒ 伝説のランボルギーニ・イオタと遭遇☆
⇒ 【動画】ギネス記録!ホンダが「芝刈機」で187.60km/hを達成!
⇒ Web上で世界中をドライブできてしまう!そんな面白いWebサイトが話題♪
⇒ 【動画】トルコの「自動車保険」会社のテレビCMが激しすぎるwww
⇒ 【動画】品川駅前の地下駐輪場は凄い!?超未来的!
⇒ 【動画】日産 フェアレディZ Z33 で雪ドリ!
⇒ 2014年、お買い時のおすすめ車種をまとめ厳選!
⇒ 【動画】日産 S15 シルビアにトヨタ 2JZエンジンスワップ!ドリフト走行!
⇒ 【動画】1260馬力!ヘネシー「ヴェノムGT」0-300km/hが『13.63秒』
⇒ ランボルギーニ「アヴェンタドール LP720-4 50°アニヴェルサリオ」で東京観光!
⇒ 古く曇ったヘッドライトが新品同様の輝きに!
⇒ ETCに付着した汚れを掃除してくれる!ETC接点クリーナー!
⇒ タフで、シック!定番機能はそのまま、斬新なイルミアッシュトレイ!
⇒ 【動画】MAZDA RX-7 FC になんと!V8エンジン搭載!
⇒ 【動画】バイクで、凄すぎる!綺麗すぎる!ドリフト走行!美女に・・
⇒ 【動画】日産 S13 シルビア(240SX)に、1JZを載せる!
⇒ 【動画】V12エンジン搭載!日産 S13 シルビアで、ドリフト!
⇒ 【動画】日産 S14 シルビア(S15仕様)に、V8エンジンスワップ!ドリフト!
⇒ 【動画】ランボルギーニ集団が爆音轟かせて、大黒PAに!
⇒ 【動画】256気筒エンジン搭載!LEGOで制作の軽量オープンカー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。